沖縄の広告販促承ります。パートナー企業と連係した印刷・電子チラシ制作も承ります。

IJU株式会社 HOME > 伝わる広告販促物制作

沖縄の伝わる広告販促「わかりやすく」、「的確に」集客につなげるマーケティング。

広告販促の役割
メディアプランニングの3大失敗例
沖縄の広告販促でお困りの店舗・企業経営者様へ
広告販促についてのアドバイス
ご相談・お見積もりはこちらから

※沖縄県内、初回相談料無料で出張ヒヤリング致します。

沖縄の広告販促の役割とは?その3大要素をアドバイス、チラシ印刷・電子チラシなど販売促進につなげます。

知られる広告

TVCM・ラジオCM・新聞広告・新聞折込・雑誌広告・フリーマガジン広告・インターネット広告

まずはアナタを知ってもらわなければ何も始まりません。つまり見込み客を増やす行為です。
新商品・新サービスに限らず、広告は常に続けなければいずれ忘れ去られます。
ただし知られただけで購入、集客できるほど広告の役割は絶大ではなくなりました。
広告は「知られる」ためにやる。と絞った方が賢明です。

買ってもらう販促

店内POP、自社サイト、商品サイト、パンフレット、ショップカード、フライヤー、街頭販売

知ってもらった後は、来てもらわないと意味がありません。
場所・連絡先・URLの基本情報は当然ですが、商品・サービスを買ってもらうために、しっかり説明したり、安心してもらったり、
違いを謳ったり。「買って失敗したいくない・・・」という消費者心理をできるだけ下げ、実際に買ってもらうことが「販売促進」です。

買い続けてもらう広報・ソーシャルメディア

ブログ、SNS、メルマガ、DM、ニュースレター、無料小冊子・・・

一度、買ってもらった人。アナタが人をだますような商売をしていない限り
この方たちへの広報活動(口コミ・PR)にコストと労力を傾けるのが一番、費用対効果はいいでしょう。
別商品の紹介、常連さんへのお得情報、季節ごとのおススメサービスなど
継続的なコミュニケーションで、アナタの事業の強力なサポーターになってもらうのが「ソーシャルメディア」の役割です。

沖縄の広告販促の3大失敗要素とは?プランニングを改善して集客につなげる広告・販促を実行しましょう。

受け身タイプ

誰かにいいと言われたことをやっている。売り込みにきたものをなんとなくやっている。
ムリ・ムダ・ムラがある、広告のこととか分からないから「おまかせ」タイプです。
全ての広告販促ソーシャルメディアは、「やらないよりはやった方がいいこと」です。
だからと言って、何でもやっているとお金も労力も時間も足りなくなりなますよ!

オレ様タイプ

広告をある程度使って、集客しているがイマイチ売上が上がらない。
最近の広告会社やメディアは何やっているんだ!
広告さえ打てば、売上があがるというのは一昔前の話です。
「お金をかければ、客は自然と寄ってくる」なんて思っていませんか?
今は、情報過多の時代。お金だけではなく手間もかけているライバルが大勢います。
お客様とは、出会ってからお付き合いするというまさに恋愛のような関係性を築く努力が必要です。

こだわり過ぎ職人タイプ

いいサービス、いい品質のものを作っていればお客さんは自然と集まってくる!
確かにそうかもしれません。
ただその頑ななこだわりのせいで、アナタより情報発信がうまいだけの同業に遅れを取っていませんか?
せめて、アナタのこだわりを口コミしてくれるファン層が、
別のお客さんを紹介しやすくするくらいの仕組みはつくりましょう!


初回相談料無料キャンペーン
ソーシャルネットワーク

ページのTOPへ